リフォーム業者の選び方


最近では女性でもDIYを趣味にする人が増えていて、小規模なリフォームであれば自分で全て行ってしまうという人も多いと思います。

しかし増築などの大掛かりなリフォームの場合は、やはりリフォーム専門会社などのプロにお願いした方が良く、そこまでの工事を自分で行える人はそれほどいないでしょう。

実際にリフォーム工事を行う業者には、リフォーム専門会社の他には建設会社やハウスメーカーや設計事務所などがありますが、リフォーム工事自体は大工さんが行うことになるので、費用を掛けずにリフォームをするには、一般の大工さんに直接依頼することがおすすめになります。


工事費用が安くなる傾向


大工さんは個人経営の人もいれば会社組織で工務店を経営している人もいて、事業所の数が少なくなれば人件費などの必要経費も少なくなる分、工事費用も安くなる傾向にあります。

しかし個人の大工さんにリフォーム工事を依頼する時には難点もあるので注意が必要です。

個人の大工さんは普段請負の仕事をしている場合が多く、自分自身で設計やプランを立ててリフォーム工事や新築工事をしている人はそれほどいません。

したがって大工さんに直接リフォーム工事を依頼しても、自分が思い描いている通りのお洒落な仕上りになるとは限らないので、その点は注意しなければいけません。

その点設計事務所や普段からリフォームを手掛けているリフォーム専門会社などになれば、お洒落に仕上げるにはお手の物で、デザイン性も求めるのであれば、多少工事費用が多くかかっても、経験豊富で実績のある業者を選んで以来した方がいいでしょう。

建設会社などの場合は、リフォームが得意なところもあればそうでないところもあるので、これまでどのような施工をしたのかを確認した上で依頼するようにしましょう。


アフターサービスのことも考える


リフォーム工事を依頼する場合は、アフターサービスのことも考えた方がよく、小さな工務店や個人経営の業者に依頼する場合は、後継ぎがいるかを確認することも重要なポイントになります。

長く保証がついていても、施工する人がいなくなればアフターサービスも保証も受けられなくなることもあります。

その他にもリフォーム専門会社の中には悪徳業者も混ざっているので、そのような業者だけには絶対に依頼しないようにしましょう。


INFORMATION

2015-10-13
設備設計会社の業務内容について
2015-10-10
リフォーム業者の選び方
2015-10-04
日本の伝統工法で建てられた家
2015-09-30
リフォームの助成金について
2015-09-23
人気の古民家再生リフォーム
2015-09-20
建築士の資格を取るには
2015-09-16
介護のためのリフォームについて
ページのトップへ戻る